おさむグッズに会いに世田谷文学館へ

原田治展が世田谷文学館で開催されていると聞き、行って来ました!

 

唐突ですが、おさむグッズと聞いてピンとくる方いますか?

あれです、あれ。

ECCジュニアとか、かなり前のミスタードーナツの広告とか。(年が‥うう。)

おまけが欲しくて(当時のおまけって、豪華だったのよ。)ミスドを大量買いして、食べるのが大変だったり。(これは私だけか?!)

懐かしい‥

作者のことは何にも知らなかったので、触れてみるのもいいかも?と思い、いざ世田谷文学館(せたぶん)へ!

 

https://www.setabun.or.jp

 

東京に住んでてよかったと思うのは、こういうちょっとした催し物が頻繁にどこかで開催されていて、気軽に足を運べることですね。

 

京王線、芦花公園で降車。

そこから歩いて5分ちょっとくらい。

街全体が静かで、落ち着いていて、文学館の名にふさわしい雰囲気。

 

受付にて、チケット購入。

 

f:id:wondermaps:20190819174314j:plain

原田治展のチケット。懐かしい!可愛い❤︎

いざ展覧室へ、と思ったその時目に飛び込んできたこの子達は‥!

 

f:id:wondermaps:20190819174519j:plain

懐かしいぃ!

f:id:wondermaps:20190819174619j:plain

可愛いぃ!

 

と、チケットもぎりをしてもらう前からテンションが上がった私。

 

中にある展示物も、懐かしさとおしゃれさ、可愛らしさがいっぱい詰まっていました。

 

f:id:wondermaps:20190819174830j:plain

アメリカ行ってたらしい。こんな壁紙欲しい!

 

f:id:wondermaps:20190819174936j:plain

岡崎京子さんを思い出した。当時のオシャレさ全開なのかも。

 

f:id:wondermaps:20190819175127j:plain

本の装丁もなさってたとは!

 

可愛らしさは緻密なデッサンから生まれていたことを知り、ただ圧倒されました。

 

f:id:wondermaps:20190819175404j:plain

定番中の定番!何気ないキャラクターですが、それが1番難しいのかも。

f:id:wondermaps:20190819175742j:plain

壁一面のおさむグッズ!オシャレ!

 

子供の頃のデッサンや、雑誌のコラムなど、様々な作品が展示されていました。

見応えとしては充分。配置もちょうど良く、私は心地よく見ることが出来ました。

展示物を見てて、岡崎京子さんっぽい!と何度も思ったのですが、岡崎さんがきっとインスパイアされていたのでしょうね。

あの時代の最先端、みんなの憧れだったのかなぁ。

時代を作るって、やっぱりすごい。あの時代に産まれていたら、きっとどっぷりと浸かったことでしょう。

 

せたぶんの1Fといえば、ショップです。

もちろん、おさむグッズのショップも出てました。(人が多いので写真は遠慮しました。)

シールを作る機械があり、かなり並んでいました。

時間もなかったので、少しだけ見てせたぶんを後に。

 

帰りは八幡山駅利用。

歩いていたら見かけた8号沿いのスタバで休憩。

 

f:id:wondermaps:20190819180324j:plain

パッションティー。酸っぱい‥

やっぱりグッズ買えばよかったかな‥なんて思いつつ、いいもの見た感で満たされていた私。

 

もうしばらく開催しているそうなので、ぜひ足を運んでみてください。

 

https://www.setabun.or.jp

 

読んでいただき、どうもありがとうございました!