ドナウの旅人を読んで、ウィーンに行った話。

宮本輝さんの小説、「ドナウの旅人」。

ご存知でしょうか。

ドナウの旅人(上) (新潮文庫)

ドナウの旅人(上) (新潮文庫)

 
ドナウの旅人(下) (新潮文庫)

ドナウの旅人(下) (新潮文庫)

 

実は、初めての宮本輝小説はこの「ドナウの旅人」だった私。

読みました。ええ、一気に読みました。

中欧が大好きな私。貪るように読みました。

読み終わった後、エクスペディアで航空券とホテルを検索。

https://www.expedia.co.jp

ん、ウィーン行きだと、ちょうどいいのがある‥‥。

値段も期間も予定内!(2018年11月でした。)

後はクリックするだけ!!!

弱気な自分が顔を出す。

「一人で大丈夫?お金、こんなに使って大丈夫?」

「ドナウ川といえば、ブダペストじゃない?」

でも、ウィーンって好きな街だし、ドナウ川も見れるし。

女一人旅にはちょうどいい街。

一応旦那に相談。旦那が一言。

「値段も高くはないし、行ってきたら?」

その言葉、待ってました〜ーーーーーーーーーー!!!!!

クリック!予約あっさりOK!!!

実はこの時点で、出発4日前

でも、行きたいんですもの。

というわけで、大慌てでパッキング。

勢いって大事。あっさりとパッキングは終了。

f:id:wondermaps:20190815145814j:plain

地球の歩き方とパスポート

夜0時台のフライト。

羽田からドバイ経由でウィーンへ。

エミレーツ航空。

初のエミレーツ航空。中東ってどんな感じだろう?

なんて思いながら、フライトを待ちました。

深夜便だけあって、空港自体はだんだんと静かな感じに。

お店も閉まって行く。

もう、頼れるものは、自分のみ!

妙に力んでフライトを待ちました。

(当たり前ですが、海外に行くって手順は大きく変わらないので、別に力むこともなかったのですが、何となく一人って心細くて。)

ゴゴゴゴゴゴゴ‥‥

飛んだ!しばしの別れだ、東京。

機内はとても清潔で、思ってたよりいい感じ。

夜のフライトって、いいかも❤︎

f:id:wondermaps:20190815150608j:plain

エミレーツ航空の機内食の案内。

機内食も結構美味しかった。

スパークリングワインをちびちび飲みながらぼーっとするのは至福の時間です。

航路はほとんど真西。

私は運良く窓際の席だったので、星と月がとても綺麗に見えました。

まるでシルクロードの上を飛んでいるような感覚。

雲間から見える街の灯りが、そこに住む人々の生活を表していました。

世界は本当に広い。

自分の世界を広げていくには、自分で歩いて見てみるしか方法はないのかもしれない。

私もドナウの旅人の登場人物の一人になったような錯覚。

一人旅の空は逡巡することを促してくる。

書いてて暑苦しい感じになったので、次に続く。